ホワイトニング

ホワイトニング

ホワイトニング

ホワイトニングとは、ブリーチングとも呼ばれますが、歯の表面に付着した色素のみを落とすのでなく、歯自体を安全な薬剤の力で白くしていくものです。
例えばシャツを洗濯した場合、汚れは落ちますが(クリーニング)、黄ばみをとるには漂白が必要なように、白い歯をご希望の場合にはホワイトニングが適しております。
また、最近のホワイトニング剤はブリーチ効果だけでなく象牙質のマスキング効果を持っており、より白く見せることが可能になっています。


当クリニックのホワイトニング

当院ではホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを行っております。
まずクリーニングにて歯の表面の着色など汚れを落とし、薬剤を利用して歯自体を白く(漂白)していきます。

自宅でしっかり・じっくりやるホームホワイトニング、短期間で効果を出すオフィスホワイトニングを同時に行い、効果を高めるデュアルホワイトニングはだんぜんお勧めです。
またホワイトニングのメンテナンスも気軽に出来ますので、ご好評いただいております。


当クリニックのホワイトニングの特徴

当クリニックのホワイトニングの特徴

当院では、ホワイトニング先進国アメリカより、直輸入した最新のホワイトニング薬剤を使用しております。
ホワイトニングの濃度もご希望の白さに合わせて、セレクトするなど、患者様のご要望に応じた施術を行っております。

・歯科医師の指導のもと、自分自身で行う方法です。
・都合のよい時間に自宅で行えます。
・最低でも概ね約2週間ほどで白さを実感できます。
・自然に近い色調で、違和感のない白さを得られます。



クリーニングとホワイトニングの違いについて

歯を白くしたいという御要望は少なからず、どなたでもお持ちでいらっしゃると思います。
そこで、歯を白くすることで混同しがちな「クリーニング」と「ホワイトニング」の違いについてご説明申し上げます。
「クリーニング」とは、いわゆる歯のお掃除のことで、歯の表面の着色(汚れ)及び、歯石や歯垢を取り除き、歯周病やむし歯を予防することを主眼とした治療法です。

クリーニングでは、ご自身の歯の持っている白さより白くすることは出来ません。
一方「ホワイトニング」は、むし歯や歯周病の予防に主眼をおいたものではなく、口元を審美的に向上させる治療法です。
つまり、歯を漂白し、もともとお持ちの歯の色よりも白くすることが出来ます。
※ホワイトニングによって、歯を白くする場合、効果には個人差がございますこと、ご了承願います。


ホワイトニングにできること

メリット

・健康な歯を削る必要が無い。
・歯の白さをご要望に応じて、その都度調節することが出来る。
・比較的短い期間で歯を白く出来る。
・セラミック等を使用する審美歯科治療に比べ、治療費が安い。

デメリット

・完全に元の色に戻ってしまうわけではないのですが、ワインやコーヒーなどを頻繁に摂取することによって再着色する。
※髪の毛を好きな色に染めても、時間が経つと元の色に戻ってしまうように、ホワイトニングも歯の色が気になりだしたら、再度受診することによって、白さを持続する事が出来ます。
・一時的に刺激症状が起こる場合もある。
歯の表面に小さなひびや傷、詰め物の隙間など、エナメル質が薄くなり象牙質がむき出しになっている部分がある場合、ホワイトニング剤の刺激により歯がしみるような知覚過敏が起こる可能性もあります。
※但し、一時的なものなので、ご安心ください。


ホワイトニング後の白さを保つには

ホワイトニング後の白さを保つには

まずはタバコ、コーヒー、お茶、ワインなどの歯を着色する食物などを出来る限り摂らないことが大切です。
そして、歯の黄ばみの原因は、着色だけでなく加齢により色調が濃くなることや遺伝的な本来の歯の色に戻ろうとすることなども原因となっているので、半年~1年に1度くらいの頻度で再着色防止のためのホワイトニングをお勧めします。
また、タッチアップとして、1~3ヶ月に1回のみのオフィースホワイトニングか、2ヶ月に1回のホームホワイトニングの1週間連続使用をお奨めいたしております。



ホワイトニングの安全性

ホームホワイトニングでは過酸化尿素か、低濃度の過酸化水素を用いております。
これはアメリカ食品医薬品局FDAにより、一般的には毒性がないとされているカテゴリー1の口腔消毒薬(食品の消毒薬)に分類されています。
歯科医師より指示されたとおりに用いれば体には無害です。

但し、一時的に知覚過敏(歯がしみてヒリヒリする状態)を起こすことがあります。
これは、ホワイトニングの薬剤に対する感受性の問題であり、一過性のものですし、薬剤を変更するか、歯に貼付する時間を調整すれば問題ありませんのでご安心ください。
もし、そのような問題が出たときには、とりあえず使用を中止しご相談ください。


ホワイトニングが出来ないケース

・重症の歯肉炎・歯周炎を有する方
・健全でない歯を有する方(むし歯のある方)
・無カタラーゼ症の方
・妊娠中・授乳中の方
・小児の方
は避けたほうが良いでしょう。
事前の診査で上記のことに該当する方はご相談ください。

尚、詰め物や被せ物、入れ歯や差し歯をホワイトニングで白くすることはできません。
ですから詰め物は、ホワイトニング後にその色に合わせて詰めなおす必要が出てくる場合もございます。


予約はこちらから